北欧旅行の情報書庫

個人旅行で北欧を回りたくて調べた諸々の情報書庫

北欧旅行 基本情報9 荷物の送り方

旅先で荷物が増えた!さて、どうしよう?

持ち歩くにしてもバックパックに入る量は限られているし,パンパンの荷物の合間に入れると潰れてしまいそう・・・。こうなったら,機動力を優先してぱぱっと送ってしまいましょう。

 

 

荷物を送る方法

日本から海外へ荷物を送ったある方ならご存知でしょうが、国際小包便は「高い」です。そして北欧から送る場合、やはり「日本から送るときと同じくらいか、より高い」です。

 

  • 一番高い・・EMS(国際スピード郵便便)
  • 次に高い・・一般の航空便
  • 比較的安い・・船便

 

高さと早さは比例します。

とにかく早く受け取りたいならEMS。

月単位で時間がかかっても良い場合は船便。

今回は郵便局から「一般の航空便」で荷物を送る方法を国別にまとめました。

 

 

スウェーデンの「青い箱」

定形の青い箱を購入する。2キログラム以上の荷物を送るなら便利。

スーパーマーケットが受付窓口を行っていることも。

日本への送料

~5kg 404スウェーデンクローネ

~20kg 616スウェーデンクローネ

箱代(別料金) 31スウェーデンクローネ

 

フィンランドの「Priority便」

郵便局でPriorityと書かれた伝票に記入すればOK。

日本への送料

~2kg 41ユーロ

~5kg 55ユーロ

~10kg 87ユーロ

~15kg 105ユーロ

~30kg 190ユーロ

 

エストニアの「スタンダード便」

エストニアのスタンダード便(~20kgまで)は情報が少なく不確定です。

日本への送料

基本配達料 14,46ユーロ

1kgごとに 2,83ユーロ